HOME > 3.A.B スリーアローズブログ >都市農地維持へ税制優遇 ~生産緑地の2022年問題4~ 
業務提携をご希望の方へ
スリーアローズセミナー
セミナー開催予定
2017年12月9日(土)
10:00~11:30
11:40~12:30
タイトル
『オーナーがホンネを語る、高齢者住宅の現状と将来』
『不動産オーナーが年明けの確定申告で気を付けたいポイント』
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー29階
(大阪市北区)
2017年12月16日(土)
14:55~16:15
タイトル
『不動産特化税理士から見た不動産業者の見分け方【完全版】』
会場
堂島ビルヂング9階会議室
(大阪市北区)
2018年1月20日(土)
10:00~11:30
11:40~12:30
タイトル
『元銀行マンが語る!銀行融資のポイント』
『知っておきたい、平成30年税制改正』
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー29階
(大阪市北区)
3.A.B スリーアローズブログ
2017/09/21
都市農地維持へ税制優遇 ~生産緑地の2022年問題4~ 
こんにちは、スリーアローズ税理士事務所三矢です。

今日はかねてよりお伝えしています生産緑地の2022年問題の続報を。

農業用と限定で都市部の農地の固定資産税を地方の農地並みに減額する生産緑地。
ただ、30年間は継続して農業をする必要があり、そのことに四苦八苦しておられる地主の方も多数おられます。
2022年にその30年の期限が来る生産緑地が現在の約8割ほど、そのタイミングで体力的に農業を維持できない農家や後継者がいない農家はその際に農地を宅地に変えたり、売却するのではという危惧がまことしなやかにささやかれております。

9月6日付の日経新聞朝刊一面でこの話題が記載されており、これに関する書籍も出てきておりますので、徐々にですが関心が高まっているのではないかと思う次第です。
10月以降この話題に関するセミナーも2件することになっており、より勉強をしなければと思っております。

先日の日経新聞における内容は、『都市農地維持のため税制の優遇が設けられる見込み』というものでした。
今後特に力が入れられそうな制度としては生産緑地の賃貸。
現在でも体調次第では自ら耕作していなくても農地の賃貸を行うことにより相続税の納税猶予が維持できる、という制度もありますが要件が厳しく現実的ではありませんでした。
そのあたりの要件を緩和し、市民農園といった活用方法を促したいようです。
農業を事業として普及させるには農業で生計を立てやすくするしかないのですがなかなかそれが難しいということで、リタイアされた団塊の世代の方に余生を楽しむ一環として農地を維持してもらえれば、というような思惑があるような気がします。

また最新情報など入ればお伝えしたいと思います。

以上、今日はこのくらいにしたいと思います。
セミナー講師・講演のご依頼はこちら
業務提携をご希望の方へ
スリーアローズセミナー
セミナー開催予定
2017年12月9日(土)
10:00~11:30
11:40~12:30
タイトル
『オーナーがホンネを語る、高齢者住宅の現状と将来』
『不動産オーナーが年明けの確定申告で気を付けたいポイント』
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー29階
(大阪市北区)
2017年12月16日(土)
14:55~16:15
タイトル
『不動産特化税理士から見た不動産業者の見分け方【完全版】』
会場
堂島ビルヂング9階会議室
(大阪市北区)
2018年1月20日(土)
10:00~11:30
11:40~12:30
タイトル
『元銀行マンが語る!銀行融資のポイント』
『知っておきたい、平成30年税制改正』
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー29階
(大阪市北区)
税理士 三矢 清史
近畿税理士会(登録番号129125)
〒532-0011
大阪市淀川区西中島3丁目8番15号
EPO SHINOSAKA BUILDING 1109号室
※大原簿記専門学校大阪校(新大阪)1号館の隣です
TEL:06-6302-6611
阪急京都線「南方駅」から徒歩4分
地下鉄御堂筋線「西中島南方駅」から徒歩4分
JR「新大阪駅」から徒歩8分
Copyright © 2015スリーアローズ税理士事務所 all rights reserved.