HOME > 3.A.B スリーアローズブログ >ユニットバスやシステムキッチンの設置工事の取り扱い ~修繕費か資本的支出かの判断~
業務提携をご希望の方へ
スリーアローズセミナー
セミナー開催予定
2017年12月9日(土)
10:00~11:30
11:40~12:30
タイトル
『オーナーがホンネを語る、高齢者住宅の現状と将来』
『不動産オーナーが年明けの確定申告で気を付けたいポイント』
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー29階
(大阪市北区)
2017年12月16日(土)
14:55~16:15
タイトル
『不動産特化税理士から見た不動産業者の見分け方【完全版】』
会場
堂島ビルヂング9階会議室
(大阪市北区)
2018年1月20日(土)
10:00~11:30
11:40~12:30
タイトル
『元銀行マンが語る!銀行融資のポイント』
『知っておきたい、平成30年税制改正』
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー29階
(大阪市北区)
3.A.B スリーアローズブログ
2017/10/04
ユニットバスやシステムキッチンの設置工事の取り扱い ~修繕費か資本的支出かの判断~



こんにちは、スリーアローズ税理士事務所三矢です。

お客様より賃貸物件のリフォーム代について、修繕費と資本的支出がどうなるのか
アドバイスが頂きたいと連絡がありました。

見積書を確認したところ、200万円近いそれなりの工事で、クロス張替えからハウスクリーニングも含めた幅広い内容でした。
なかでも目立ったのがユニットバスとシステムキッチンの設置工事。
工事費を抜きにしても設備代だけで他の内容とはケタが違います。
修繕費OKのクロス張替え等の原状回復はおいておいて、このあたりがポイントになりそうです。

今回参考となる判決があります。
平成26年4月21日付の国税不服審判所判決がまさにそのユニットバス及びシステムキッチンの設置工事。
納税者はそれらの工事をはじめ全般を修繕費処理していたのですが、課税庁側が資産計上と指摘し、その点を争われました。
結論から申しますと、納税者が敗れ、資産計上ということになりました。
というのも従来の浴室を解体撤去してお風呂回りを新たにユニットバスにしたというような内容であり、新たな設備の導入というように単なる修繕ではなく資本的支出と判断されました。
価値が上がっている、使用可能期間が延長するような内容ですからそれは妥当かなと思います。

なお、資本的支出ということで資産計上となった場合ですが、ユニットバス等は建物に備え付けるということで建物扱いとなること、従前の設備の撤去取壊しについて浴室や台所の床面積による建築費相当から減価償却費を控除した残額を除却損とできる、ということも注意すべき判決内容でした。

さて、今回のお客様の見積りを確認すると、従前のユニットバスを撤去して別のユニットバスに取り換えるという工事であったので、上記には該当しないということで修繕費OK。
システムキッチンも同様の基準で判断することになります。

空室を改善するために古い物件にユニットバス等を導入するということは増えてきていますので、その場合は注意をしたいですね。

以上、今日はこれくらいにしたいかと思います。
セミナー講師・講演のご依頼はこちら
業務提携をご希望の方へ
スリーアローズセミナー
セミナー開催予定
2017年12月9日(土)
10:00~11:30
11:40~12:30
タイトル
『オーナーがホンネを語る、高齢者住宅の現状と将来』
『不動産オーナーが年明けの確定申告で気を付けたいポイント』
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー29階
(大阪市北区)
2017年12月16日(土)
14:55~16:15
タイトル
『不動産特化税理士から見た不動産業者の見分け方【完全版】』
会場
堂島ビルヂング9階会議室
(大阪市北区)
2018年1月20日(土)
10:00~11:30
11:40~12:30
タイトル
『元銀行マンが語る!銀行融資のポイント』
『知っておきたい、平成30年税制改正』
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー29階
(大阪市北区)
税理士 三矢 清史
近畿税理士会(登録番号129125)
〒532-0011
大阪市淀川区西中島3丁目8番15号
EPO SHINOSAKA BUILDING 1109号室
※大原簿記専門学校大阪校(新大阪)1号館の隣です
TEL:06-6302-6611
阪急京都線「南方駅」から徒歩4分
地下鉄御堂筋線「西中島南方駅」から徒歩4分
JR「新大阪駅」から徒歩8分
Copyright © 2015スリーアローズ税理士事務所 all rights reserved.